大切なキャットフード

人間と動物は切り離せない関係にあるでしょう。時に食料として考えられている場合もありますし、愛玩動物として人間とともに生活していることもあります。 猫は食料として考えられるよりも、長く愛玩動物として人間とともに歴史を刻んできました。食料をネズミから守ってくれる存在であり、農耕の開始とともに人間と暮らしてきたのです。

それだけ長い歴史を共にしてきた猫ですから、餌にするものはわかっているつもりでしょう。しかし、与えてはいけない食品も多数存在したりします。よく知られたところでは玉ねぎがあるでしょう。犬にも毒となってしまいますが、中毒を起こし死亡することもありますので、禁忌されています。イカやタコは、骨がないから駄目だといわれたりしますが、チアミナーゼという物質が含まれており、これがビタミンB1を破壊するために食べさせることができないのです。ただし、加熱すれば問題はありません。

逆に必須栄養素となるのが、魚には含まれていないタウリンです。猫は自分で合成することができないため、摂取していかなければ拡張型心筋症を引き起こしてしまうのです。そのため、短命になりやすくなることが知られています。 こういった違いがあるため、キャットフードを与えるとしても、吟味して与えてあげなければいけないでしょう。どんなものでもいいわけではなく、健康に合わせてあげる必要もありますし、年齢によっても吟味してあげるべきです。人間と共に暮らす猫なのですから、キャットフードに関する知識をつけ、健康管理してあげることが大切だといえるでしょう。